ログイン

β版をリリースしました

2018年04月13日

黒歴史からバズりそうなサービスまで。失敗したアイデア限定の売買プラットフォーム。

OneStone株式会社(本社:埼玉県所沢市、代表取締役:池山 智隆、以下 ワンストーン)は、失敗したアイデア限定の売買プラットフォーム「junk mart( https://junkm.art )」の事前登録を開始しました。まずはアイデアの登録と購入の事前予約を対応しており、実際の契約や取引のサポートは順次対応してまいります。

当サービス立ち上げの背景

昨今、日本のIT系ベンチャー企業数の増加が進んでおり、多くの新サービスが立ち上げられています。しかしながら、「資金が足りなくなった」「エンジニアがいきなり退職した」「経営者の気が変わった」「投資家と意見が合わなかった」等の、クオリティとは全く関係のない理由で多くの可能性のあるサービスが終了したり、アイデアが実現せずに終わっているという実態もあります。

社会的には一定の成功をしたアイデアや、成功しそうなアイデアにのみ注目が集中しており、こういった既に失敗したアイデアを対象としたサービスはありませんでした。

当サービスは、「サービス提供は既に終了したが、復活すれば流行る可能性のあるアイデア」にのみ注目しています。復活・流行させられるリソースやノウハウのある企業または個人に、そういったアイデアを売ることで、ビジネスやクリエイティブの両分野でアップサイクルを生み出すことを目的としています。

また、当サービスで取り扱うのはビジネスアイデアだけでなく、「クラウドファンディングで失敗した製品」や「制作段階でボツになったゲームコンテンツ」など様々なジャンルのアイデアを取り扱ってく予定です。

失敗にも注目は集められる。価値はある。

失敗したアイデアや、実現しきれなかったアイデアにもまだきっと、価値は残されています。あなたが失敗だと思ったモノは、他のだれかにとっては成功のタネかもしれません。胸やフォルダの片隅にしまった夢を、ジャンクマートに託してみませんか?

ジャンクマートとは

「実現できなかったアイデア」を有効活用できる
買い手を見つけて、ビジネス、クリエイティブの
アップサイクルを実現するサービスです。

新着アイデア